ホーム > CSS3関連 > 【CSS3】クロスブラウザ対応にちょっと便利なモノのまとめ

【CSS3】クロスブラウザ対応にちょっと便利なモノのまとめ

mixiチェック Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

IEなど、クロスブラウザ対応のために管理人がよく使っているライブラリ集などのまとめです。
今回は主にCSS3に関するものを、メモ替わりにまとめておきます。


ie-css3.htc

本家サイト

InternetExplorerの6-8をCSS3に対応させるhtc(HTMLコンポーネント)ファイルです。
内部でVMLを使用していて、border-radiusbox-shadowtext-shadowなどに対応しています。

css3shadow.htc

本家サイト

InternetExplorerでも気軽にCSS3シャドウが使えるようにするためのhtc(HTMLコンポーネント)ファイルです。
text-shadowbox-shadowなどに対応していて、box-shadowはinset値にも対応していたりするスグレモノです。

CSS3PIE

本家サイト

いわゆるprogressive internet explorer、略してpieです。
InternetExplorerの6-8(IE9も対応が予定されている)をCSS3などに対応させるhtc(HTMLコンポーネント)ファイルで、PHP版やJavaScript版も同梱されています。
内部でVMLやSVG(IE9のlinear-gradientで使用)などを使用していて、border-radiusbox-shadowborder-imageCSS3 Background(linear-gradient)RGBAカラー値など多くのプロパティに対応しています。

現在フォーラムではIE9のlinear-gradientへの対応が活発に議論されていて、実際にbeta版のテストビルドも作られています。

IE9 linear-gradient and border-image testing build

selectivizr

本家サイト

古いInternetExplorerでCSS3擬似クラスと属性セレクターが使えるようにするためのJavaScriptファイルです。

19のCSS3擬似クラスと、2つの擬似要素、そして各属性セレクターに対応しています。
JavaScriptの知識は不要で、また他の有名なJavaScriptフレームワーク等と組み合わせることで、より多くのものにも対応できるそうです。

カテゴリー:CSS3関連
2011/08/28 01:00:05 更新